※美味しく食べて、楽しく美肌!のサイトをキーワードで検索できます。

  • 絹で全身のお肌がツルツル

    お風呂グッツに凝っています。スキンケアは面倒ですが、毎日しないとお肌がカサついたり、トラブルの元ですよね。br / でも、面倒で。そんな時、お風呂グッツに凝ってみると、毎日入るバスタイムです。br / 面倒ではなく、お肌がツルツルになります。br / お勧めは絹の手ぬぐいです。br / 身体を洗う時は、綿ではなく、絹を使うとお肌の調子が全然違います。br / まず柔らかいので使っていても気持ちがいいですし、お肌を傷つけません。br / 硬いナイロンなでお肌をゴシゴシ洗ったら、せっかくのお肌が傷ついてしまいます。br / ソープで優しくマッサージするように洗うと、お肌が輝きます。br / またお顔も毛穴が気になるところなど、絹の手ぬぐいで角質を取ると、ピカピカになります。br / 薬局で1000円程度で購入できるお手軽品です。br / br / ■乾燥肌簡単な乾燥肌対策の情報が満載!br / a href=”http://xn--88j2f907gztuizhser67anr4a.jpn.com/kansouhada_tisiki/” target=”_blank”あなたは大丈夫?乾燥肌の悪影響とその原因とは/abr /


  • ソンバーユという馬油が気に入って

    私は肌が特に敏感でトラブルが酷かった時に馬油を使い始めました。br / 馬油を初めて使った時からその効果に感動しました。br / アトピーで悩んでいた友達の息子にもいいのではないかと思ってbr / プレゼントしたところ、やっぱり効果があったみたいで感激されました。br / 顔だけでなく、全身のスキンケアとして使えるのも嬉しいです。br / 私は顔と、首、鎖骨と胸元と、腕、膝裏などが特に荒れやく、br / 特に悪化した時期は馬油が1番効くようでもっぱら馬油です。br / ソンバーユという馬油を使って凄くよかったので、瓶で1年にbr / 何本も使いました。br / そのうちこのソンバーユの透明な液バージョンのオイルも使い始めたところ、br / 効能は同じ感じでしたが使いやすく清潔に維持しやすいのが気に入ってbr / それ以降はその透明馬油ばかり使うようになりました。br /


  • 10代20代のつけを消すスキンケア

    10代20代の頃は無防備に沢山の紫外線を浴び、海や山でと楽しく遊んでいました。そのつけが今頃出始め、顔のあちらこちらにシミが目立ち始めました。小さな点のようなシミから、少し大きめの長いシミまであります。br / 特に頬の場所にはそばかすのように、無数の点々のシミが出来てしまいました。今さら慌てても仕方ないですが、出来てしまったシミを少しでも薄くするために、専用のスキンケアをするようになりました。br / 沢山発売されているホワイトニングのスキンケアですが、出来てしまったシミに効果があるものを選び使用しています。洗顔から、化粧水、乳液とクリーム全てを揃えました。使用感も良いのに、シミまでも消してくれるのは嬉しい限りです。若い頃のつけを、このスキンケアで少しでも消せるように、毎日使い続けています。br /


  • 20代からのアンチエイジング

    アンチエイジングという単語を聞くと最初に思い浮かぶのが、美魔女です。 最近テレビや雑誌で、実年齢は50代なのに20代に見られる美魔女というフレーズをよく見ます。 この女性達は、少しでも綺麗に歳を重ねたいという思いから20代からアンチエイジングする人が多く、美を保つ為並々ならぬ努力をし体型を維持している様です。 私は数ヶ月まで、20代は若いからアンチエイジングする必要は無いと思っていました。 しかし20代後半になると、ふと鏡を見たときにほうれい線が深くなっている事に気づき、20代は決して若くなく、努力をしないと老化は進んでいくだけだと思い知りました。 それから色々調べ、アンチエイジングは奥が深い事が分かり、まずは簡単な事から始めました。 ほうれい線、リンパマッサージをしたり猫背を気をつける、食事はスナック菓子を控え、魚、野菜をしっかり食べるようにしました。 マッサージなどは最初の方は忘れる事が多かったですが、洗顔前にほうれい線マッサージというように、日常のなかに取り組むようにして習慣づけました。 食事は、菓子は脂質の塊なので駄目だとは分かっていても最初の方はどうしても食べています。 そこで、菓子に書かれている脂質の量と同じ量の油を容器に入れ、目で見ることで身体への悪影響さを認識させたところ、辞めることができました。 マッサージも食事も効果がすぐに出るものではないので、肌への効果は分かりませんが、アンチエイジングは続けていく事が大事です。 老化を止める事はできませんが、遅らせることはできるので、将来の最大限の努力をしていきたいと思います。 ★アンチエイジングで人気のサイト http://xn--u9jtfgp5b8b6czwe6874hlop.com/


  • 女性の労働力が活用できる政策を

    ニュースでちらっと聞いたのですが、首都圏には保育園に入りたくても入れない、いわゆる待機児童が2万人以上もいるのだそうです。そして、この状況を解決すべく、ついに政府も動き出したそうです。少子化で労働人口が減っていく中、女性の労働力の活用は今からの日本には不可欠ですから、これから政府には女性が社会に出やすい政策を頑張って作って欲しいものですね。北欧諸国がそうであったように、女性が社会で働けば、税収もアップ、厚生年金などの年金の保険料徴収額もアップしますから、国の財政も改善されるでしょう。更に、厚生省の調査では正社員が不足している企業も増え始めているとのことです。保育所など、女性が働きやすい環境を早急に整えて、女性をどんどん活用してもらいたいものですね。